アトピー 保湿ケア

アトピー性皮膚炎について詳しく知る。保湿ケアで立ち向かう方法!!

アトピー性皮膚炎の完治改善を目指して

アトピーには保湿ケアが最も重要です。
また、症状・原因・治療法をしっかりと知った上で、お肌にやさしい保湿ケアをオススメします。肌の保湿作用を高めて、皮膚の奥の本来のバリア機能を高めて症状を改善させる方法を提案しています。
みんなの肌潤糖でアトピーケア

 

 

アトピー性皮膚炎に砂糖が注目されている

 

アトピー性皮膚炎を改善していくポイントは、保湿にあります。アトピー性皮膚炎の肌は、バリア機能が壊れ、肌内部に水分を保持できなくなっている状態です。そのため、乾燥しやすくなって、かゆみや湿疹が引き起こされやすくなってしまうのです。

 

アトピー性皮膚炎を解消したいのなら、肌を清潔に保ちながら、じゅうぶんな保湿を行うことが必須。その際の方法として、今までは、ワセリンや軟膏によって油分の膜を作って水分が飛ぶのを防ごうとするのが一般的でしたが、昨今では、細胞の隙間を修復していく保湿方法が注目を集めています。

 

そこで使用されるのが、砂糖です。

 

浸透圧による高い給水力及び保湿力をもった砂糖は、実は肌の水分保持に極めて優れた効果を見せることが分かっています。さらに砂糖には、傷を修復したり、感染症の抑制にも効果があることが分かっており、アトピー性皮膚炎の救世主として今大きな話題を呼んでいるのです。

 

もともと、病院では砂糖が主原料となった保湿剤などが処方されることもあったのですが、砂糖のアトピー性皮膚炎改善効果を狙って新たに開発されたアトピー性皮膚炎用スキンケア用品などが、今、口コミを中心に人気を集めつつあるようです。

日常生活に支障をきたすアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎になると、日常生活に支障をきたすので大変です。アトピー性皮膚炎になると、かゆみがかなり強くなります。重症度が高くなるほどかゆみもひどくなり、かきむしらずにはいられなくなるので、集中力を欠き、普段の生活にも支障をきたすようになります。

 

昔は、アトピー性皮膚炎の治療はそれほど難しいとはされていませんでした。発症は小児に限られていて、ほとんどが小学校に入るまでには自然に治っていました。しかし今は、患者数は急増していて、重症化の傾向にあります。治療をうけても中々よくなりません。症状が重く、全身の皮膚が赤く腫れ上がったり、強烈なかゆみを伴うことで、夜も眠れなくなって、日常生活に支障をきたす人がたくさんいます。

 

アトピー性皮膚炎は、かつては、子供の病気とされていたのですが、今では大人になっても治らず、症状がずっと続く人が増えています。

 

見た目やかゆみによる心理的ダメージが大きく、症状が悪化すると日常生活に大きな支障をきたすことになります。かきむしって症状を悪化させることが多く、良くなったり悪くなったりを繰り返すので、症状のレベルにあわせた治療が必要です。

アトピー性皮膚炎と保湿

アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が低下してしまい、水分を溜めておくことができず乾燥しやすくなります。そのため細菌やダニ、ホコリなどの侵入しやすい状態のため刺激を受けて炎症を起こしてしまいます。

 

炎症を起こした肌はかゆみを伴い、爪でかいたりするので更に肌や角質にダメージを与えて悪化してしまいます。アトピー性皮膚炎の肌は保湿は肌を保護しバリア機能を高めることです。

 

アトピー性皮膚炎は外用薬の治療と皮膚のバリア機能を補正するためのスキンケアが必要になってきます。細菌、ばい菌、汗やよごれなど、皮膚を清潔にし肌の保湿を行うことです。

 

通常は皮膚炎が激しくかゆみが強い時はステロイド外用薬を使いますが、ステロイド外用薬は患部だけに塗りますが、それ以外の肌の皮膚も乾燥の状態にあります。ですから、できるだけ広い範囲に保湿外用薬を塗っておくことが大切です。

 

保湿外用薬は病院からでも処方してもらえますが、市販の保湿剤でも効果的です。代表的なものが、ワセリンです。ワセリンは皮膚の水分が逃げるのを防ぐ保湿剤です。また水分を保つ保湿剤は尿素含有軟膏があり、特にウレパールやケラチナミンなど水分保持力が高い軟膏もあります。

 

アトピー性皮膚炎は肌の保湿をしっかり行うことが重要です。

アトピーは遺伝的体質?

アトピー性皮膚炎は、遺伝的体質でなるとも言われています。

 

実際、遺伝子の解析で、マスト細胞や好酸球にIgE抗体を結合させるレセプターやアレルギーの炎症に関連する遺伝子が、アレルギーと関連していることがわかっています。このことから、遺伝的要素が強いことは明らかで、遺伝的体質が1つの要因になっていると言われています。遺伝的因子が深く関与していることは、間違いのないところです。

 

アトピー性皮膚炎は、遺伝的体質と環境因子が絡み合って発症するものと言えます。アトピー体質が遺伝することは既に明らかになっていて、片親にアトピー体質がある場合、子供に出る確率は約3割と言われています。これが両親ともにアトピー体質になると、その子供の約7割がアトピー体質になると言われています。しかし、両親や祖父母にアトピー性皮膚炎がない場合でも、子供にだけあらわれるというパターンもあります。アトピー体質の遺伝は、様々なパターンが複雑に組み合わされていると考えられています。

 

アトピー体質は、親から子に遺伝してしまうものですが、生活環境をコントロールすれば、発症を抑えることは可能です。

アトピーの悪化因子

アトピー性皮膚炎は、未だはっきりとした原因が解明されていない病気です。しかし、不規則な生活、添加物の摂取、大気汚染、アルコールや喫煙、不安、心配、抑ウツ状態など、心身にかかるさまざまなストレスが、体の免疫反応を鈍くさせてしまっているという説が有効ではあり、飲み薬や塗り薬の服用と生活スタイル全般を改めることとの併用で、ある程度の改善は期待できるとも言われています。

 

アトピー性皮膚炎の悪化因子として考えられるものは、人によって、また年齢によって大きく異なります。アトピー性皮膚炎の発症率が高い乳幼児では主に、食物アレルゲンが重大な悪化因子だといわれています。もう少し成長すると、ダニやハウスダストといった環境アレルゲンも関与してくるのだとか。

 

そのほかに、空気の乾燥や汗もアトピー性皮膚炎を悪化させる可能性があります。タオルや洋服といった、皮膚に直接触れるものに合成界面活性剤が残っていたり、香料などが使われているとかゆみが酷くなる人もいますし、アトピー性皮膚炎で使用される保湿剤以外の、化粧品のような保湿剤でかぶれてしまう人もいます。また大人になるほど、人間関係や仕事などによる精神的ストレスも増え、それが悪化因子になることもあります。

アトピーと環境アレルゲン

アトピー性皮膚炎の原因の多くはアトピー因子(遺伝的にアレルギー反応を起こしやすい体質)の免疫(アレルギー)の異常と皮膚のバリア機能の異常です。

 

アレルギーを起こす物質はアレルゲンと呼ばれ、一部の食物の卵や牛乳、大豆、そばなどにより湿疹が出る症状やダニやホコリ、カビなのによりアレルギー反応を起こしたりします。普通の人がアレルギーを起こさないアレルギー物質でも皮膚のバリア機能が低下しているアトピー性皮膚炎の皮膚は外からの刺激や細菌、ゴミ、ホコリ、カビ、ダニなどの侵入を跳ね返すことができず、アレルゲンを侵入させてしまいアトピーの症状を悪化させてしまいます。

 

バリア機能が低下していると、環境の変化はアトピー性皮膚炎の皮膚には影響が大きいのです。

 

湿度が上がればダニやカビは増え、汗をかけば細菌が増えます。
気温が下がれば皮膚は乾燥し炎症がひどくなり、かいてしまうと言う悪循環に陥ってしまうのです。

 

アトピー性皮膚炎を悪化させる要因を取り除くことが重要です。ダニやカビが発生しないように環境を整え、ゴミやホコリをきちんと掃除し、畳やじゅうたんや布団など湿気を溜めないようにしましょう。

 

アトピー性皮膚炎の原因が食物なら原因の食物を取り除く、環境に原因があるなら環境を改善することが重要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ